自毛植毛には様々な施術法が

自毛植毛の施術には大きく分けて種類の方法があり、メスを使用する方法とメスを使用せずに行う方法です。

 

まず、一般的な方法であるメスを使用する施術はFUT法、スリット法と呼ばれています。

 

後頭部や側頭部からメスで移植するためのドナー採取皮膚片ごとメスで帯状に切開して切り取ります。
切り取った皮膚片を、今度はいくつかの株に切り分けて、薄毛が進行している部位にメスで小さな切込みを入れながら株を埋め込んでいきます。

 

後頭部の、皮膚片を切り取った後は上下の皮膚を縫合していきますが、傷跡が回復しても白く残ってしまうのがデメリットと言えます。
目視でも確認できるくらいの傷跡なので、傷跡が残ってしまうのが嫌だという人はFUE法をおすすめします。

 

もう一つの方法であるメスを使用しない方法は、FUE法、あるいはダイレクト法と呼ばれています。

 

後頭部の毛を短く刈り上げたら、施術を行う医師が直接目視で間引いていき、薄毛が進行している頭頂部や前頭部に小さな穴を開けて植え付けていきます。

 

FUT法に比べてドナー採取に接触する機会が少ないので、生着率が高くかさぶたのような傷跡はできますが切開を行わないので回復が早く傷跡な残りにくいのが特徴です。

 

ただ、高い技術力を必要とする難しい施術であるため、FUT法に比べて費用が高くなることが考えられます。
クリニックによって費用は異なるので、あらかじめ確認しておくのが望ましいでしょう。

 

その他のデメリットとして、ドナー採取を行う部位の髪の毛を短く刈り上げてしまうので、その部位の髪の毛が伸びてくるまでヘアシートなどで隠しておく必要が出てきます。

 

どちらの方法にしても、一度施術を受けて髪が生えてくるようになれば、その後が自分髪の毛として周囲の髪と同じくヘアサイクルを繰り返して成長していきますので、発毛率が高い方法としてはあまり大差はないと考えて良いでしょう。

 

施術の内容について詳しく知りたい場合は、事前に無料カウンセリングなどを受けることをおすすめします。

自毛植毛の術後の注意点と通院時の診察内容

自毛植毛の手術をした後は、メスを使っている場合はもちろんですが、メスを使っていなくて痛みがない場合であっても、移植を行ったことで、かなりのダメージを受けています。そのため、施術後は、頭皮に刺激を与えたりせずに、自宅でゆっくり安静にして過ごすことが大切です。手術をして、2週間くらいまでの過ごし方は、ドナーの定着率に大きく関わってきますので、むやみに手で触ったりせず、手術当日にはシャンプーもすることはできません。医師から指示された期間を守って、シャンプーをするようにしてください。手術当日には、飲酒やたばこ、激しい運動や外出なども控えましょう。もちろん、温泉やプールなども禁止です。できる限り体を休めるようにしてください。

 

また、植毛の施術後から1週間後に定着率を見せて下さいというクリニックが、ほとんどです。たとえ問題がなくても、必ず病院に術後の経過を報告しましょう。また、それまでに何か変わったことがあれば、速やかに施術したクリニックで診断を受けるようにします。自己判断で対処したりせず、必ず医師からの指示に従ってください。また、術後の診察として、副作用についての注意点を説明されます。自毛植毛のおもな副作用として、1〜2日目に、移植した部分に軽くつっぱり感を感じる場合があります。あまりにも痛みがあり場合には、鎮痛剤などを処方してもらうなどします。

 

また、移植部分に赤みが出たり、かさぶたなどもできる場合がありますが、それらは1週間〜10日前後で気にならなくなってきます。また、移植手術後、3カ月前後で一時的な脱毛症状が現れる場合があります。この症状は、次の髪の毛が生えてくるための一時的な脱毛にすぎませんので、あまり深く落ち込んだりせずにゆったりとした気持ちで過ごすようにしましょう。そのほかにも、年齢や体質によって、様々な副作用や症状が出る場合がありますので、必ず手術の後には、経過の診察やカウンセリングをこまめに受診しましょう。

自毛植毛したら周りに気づかれない?

自毛植毛は自分の毛根を移植して発毛させますので天然の髪の毛を復活できるのが最大の特徴です。しかし周囲から気付かれてしまわないか不安ということで治療を躊躇する声もあるようです。

 

基本的に十分に発毛をする段階になったら気付かれるようなことは殆どありません。本当の髪の毛として生えてきますので人工的な感じは一切ありませんし、また人工毛を植えた時のように取れることもありませんので、おかしな抜け毛が発生してバレるようなこともないのです。

 

ただ場合によっては気付かれてしまう可能性がありますが、まず傷口が露出するとバレてしまう可能性があります。自毛植毛の手術の際には広い範囲からドナーを一気に採取したり、毛穴ごとにドナーをくり抜いて採取する方法があるのですが、いずれの場合も傷になって残ることがあるのです。最終的には一本の線のような傷口になったり点々とした傷痕になりますので目立ち難くなりますが、途中経過ですと自毛植毛をしたことが分かってしまうことがあります。その為、生え揃うまではカツラを被るなどして隠すケースも多いようです。かさぶたになっているところはかなり目立ってしまいますので、物理的に隠してしまうのが最も簡単な対処法と言えるでしょう。

 

不自然な移植方法の場合もバレてしまう可能性があります。これはドクターのセンスによるものだったり、入念にカウンセリングをしなかったことで起こることがある失敗ですが、仕上がりが不自然になるケースもゼロではありません。例えば生え際に移植をする場合、あからさまに綺麗な線のように植えてしまうと自然な生え際には見えなくなります。まるでマネキンの生え際のようになりますので、植毛のやり方次第ではおかしくなる可能性も否定できないのです。

 

人に気付かれることのないナチュラルな状態に仕上げる為にはセンスのある病院で治療をすることが大事ですし、そして納得ができるまで十分に相談をすることが欠かせません。

自毛植毛の施術後の傷と治るまでの期間について

自毛植毛は、自身の頭皮からドナーを採取してそれを移植する手術のことを意味しますので直接的に頭皮に対してメスやパンチを使う必要があります。場合によって出血も見られることがありますので、手術による頭皮への一定のダメージは覚悟しなくてはいけません。

 

では、自毛植毛による頭皮へのダメージはどのくらいのものになるのでしょうか。基本的に、まず自毛植毛をしてから二日から三日間は患者は洗髪をすることを避けたほうが良いです。頭皮に対するダメージに加えて移植した植毛が頭皮に対して定着していない可能性がありますので、そのような状況で洗髪をしてしまうとせっかく移植した髪の毛が全て抜けてしまう可能性もあります。手術後に二日か三日程度経過すると頭皮へのダメージも軽減されて髪の毛も定着しますので洗髪をしても何の問題もなくなります。

 

また、ドナーを採取した傷が完璧に治るまでの期間としては長くても一ヶ月程度見込んでおいた方が賢明です。これは、一ヶ月程度経過すると移植した髪の毛の初期の脱毛作用が始まるからにほかなりません。自毛植毛が成功したか否かというのは、移植した髪の毛の脱毛が始まってからわかるようになっています。移植した髪の毛が脱毛すると、その下から新しい髪の毛が生えてくるように髪の毛のサイクルが復活しますので、新しい髪の毛が生えてきた時には自毛植毛が成功したことを意味します。一方で、脱毛作用が始まったにも関わらずその下から新しい髪の毛が生えてこない場合にはもう一度自毛植毛を行う必要があります。この場合には、一回目に行った手術の頭皮に対するダメージもしっかりと考慮しておかなくてはならないのでだいたい傷が癒えるまでの期間としては一ヶ月程度を目安として考えておくことが大事になるわけです。

 

少なくとも、手術をして二日か三日すれば日常生活を送るのに支障が出ない程度に頭皮の状態は良くなるのでその点はしっかりと理解しておきましょう。

増毛と植毛の違い

増毛と植毛は混同されがちですが、実は全く違うものです。

 

増毛は、自身の髪の毛を発毛させるわけではなく、自毛に結び付けたり編み込んだり、あるいは人工毛が移植してある接着シートを貼るなど様々な方法で人工毛によって髪のボリュームを増やしていく方法です。

 

増毛には、結毛式、編み込み式、シート接着方式など様々な方法があり、増やしたいだけ増やすことができるのが最大のメリットです。
また、従来のかつらやウィッグのようにすぐに外れる心配がなく、周囲にもばれにくいのでスポーツやアウトドア、海水浴などのレジャーにおいてどんなシーンにも対応して過ごすことが可能です。

 

しかし、自毛が成長してきたり毛周期によって抜け落ちてしまうと一緒に人工毛も取れてしまうので1〜2ヶ月に一度定期的なメンテナスが必要になります。

 

半永久的にメンテナンスを行えばそのボリュームを維持することは可能ですが、生涯にわたってランニングコストがかかると考えて良いでしょう。

 

一方、植毛は外科手術であり、人工毛や自毛を利用して頭皮に植え付けていく方法です。
特に、最近主流となってきている自毛植毛は、一度手術を受けて発毛すれば、その後は周りの髪の毛と同じく自分の髪の毛として成長しては抜けてと毛周期を繰り返していきます。

 

発毛率が高く、もう二度と生えてこないと諦めていた部位にでも再び髪を生やすことができるという点では唯一の方法でもあります。

 

ただ、手術を行って発毛するまでには個人差がありますが3〜4ヶ月、ふさふさの状態にまで髪が成長するまでには半年から1年ほどかかりますので、即効性を期待するのであればあまり適していない方法と言えます。

 

加えて、増毛の初期費用が10〜15万前後なのに対し、植毛は60〜70万程度で最低ラインで、移植本数が多ければ多いほど費用はさらに高額になっていくというのがデメリットといえます。

 

それぞれに良い点、悪い点がありますが自分にはどんな方法が適しているのかよく考えてから施術を受けるようにしましょう。